カジノの内装を完ぺきに再現するコツとは?

皆さんは、カジノを経営するのは楽しそうなことだと思われますか?バーを経営しているようなものだと予想されているかもしれませんが、実際のところ、そうでもないんです。カジノの経営は、大きな責任が求められる仕事です。訴訟されることもよくありますし、優秀な法務部門がなければ、大金を失う可能性だってあります。それと同様に、内装のデザインがステキでなければ、十分なゲストを集客することができず、結果的に損失することになります。あるいは、帳簿をつけるのを手伝ってくれる人がいなければ、トラブルに巻き込まれるかもしれませんし、最終的には大金を失うことになりかねません。

投資資金を持て余した40代〜50代のオヤジはたいてい、カジノを経営すれば確実に成功できるだろう、と夢見ている人が多いようです。自分のカジノのプールで泳いで、友達とギャンブルをしながらカジノ内を歩き回って、何一つ心配することなく楽しむことができるだろうと…。しかし悲しいことにも、現実としては、カジノ経営は非常に責任の重い仕事であることはすでに述べたとおりです。

ただし、自宅内にカジノルームを作ることは可能です。今どき、ホームジムやホームシアターがあるくらいですから、ホームカジノを作ってもいいですよね?ホームカジノではお金は儲かりませんが、きっとおもしろい体験ができるでしょう。ここでは、カジノの内装を再現するための基本的なコツをいくつか紹介します。

まず「カジノ」と想像すれば、最初に思い浮かぶものは何ですか?ポーカーテーブルやスロットマシン、ルーレット、背景音楽、薄暗い照明…などが挙げられますが、これらはすべて高価なものでしょうか?いいえ、違いますよね。すべてお手頃な予算で揃えることができます。では本題に入って、本物のようなカジノの内装を再現するコツをお伝えしましょう。

まずは、ルーレットやポーカーテーブル、スロットマシンを購入する前に、今ある部屋の内装を完成させましょう。床は、カジノのような豪華で素敵なカーペットを探してください。カジノのカーペットは通常、赤か濃い赤です。赤色は、照明との相性もよく、目に印象深く焼きつきます。次に、壁です。壁の飾り方は、カジノによって千差万別です。一昔前は、白と黒の壁が一般的でしたが、最近のカジノでは、赤や緑、さらには色が変化するモダンな壁も採用されています。つまり、壁のデザインの選択肢は無限大にあるのです。また壁面には、照明が必要となりますが、これはランプでも十分でしょう。

そして、ここまで完了してからやっと、スロットマシンやポーカーテーブル、ルーレットなどのゲームを設置します。今の時点で、どのくらいのスペースが残っているかを確認するために、大きなものから追加していきましょう。狭いスペースで作業するのは大変ですが、実際何とかなります。ここのステップでくじけそうになる人は多いですが、なるべく細かいことは気にしないようにすると乗り越えられます。カジノのようなデコレーションとデザインは、シンプルで簡単なものです。必要なのは、少しの想像力だけ。まだいくつかのマシンを追加したいけれど、スペースが足りないという場合は、何らかの犠牲を払うべきでしょう。そんな時は、一番人気のないカジノゲームを諦めることをお勧めします。

さて、ゲーム設置を終えたら、今度はカジノ風のバーを作りましょう。どんなカジノにもバーは必ずあります。人々はギャンブルのお供に飲むお酒が大好きです。お察しかもしれませんが、完ぺきなバーを見つけるのはかなり難しく、さらにそのバーのメニューを作るのはもっと大変です。カジノと提携しているレストランやバーに連絡を取り、自宅のホームカジノで働いてもらうことができれば最高ですが、予算オーバーになる人がほとんどでしょう。なので、無難に手作りしたカウンターを設置して、ドリンクを並べるくらいが手軽でお勧めです。